千葉県経済

調査研究情報

千葉県内の大型商業施設の動向と今後の方向性

(株)ちばぎん総合研究所
受託調査部 研究員
五木田 広輝

PDFのついている記事はPDF形式です。
PDFファイルをご覧になるためには、 Adobe Reader が必要となります。下のアイコンをクリックすると入手(無料)できます。
Adobe Reader


(6.5MB 時間 1.52 MOV形式」)

○WMV形式(5.9MB)
○FLV形式(6.1MB)

動画ファイルの再生には、プレーヤーが必要です。下記よりダウンロードしてご覧ください。



(flv形式再生)

<内容>
千葉県内では、交通アクセスの利便性向上などを追い風に、近年、巨大ショッピングセンターやアウトレットモールなど大型商業施設の開業・改装・増床が相次いでいます(図表1)。こうした商業施設は、@商圏が広く、インバウンド客も顧客としていること、Aシネコンや体験施設、イベントスペースなどの時間消費型施設を多く持ち、買い物・サービス・レジャーが一体化した総合消費施設であること、などが特徴です。
っとも、大型商業施設が今後もこれまでの勢いのまま県下で増え続けるという市場環境にある訳ではありません。人口動態変化やIT等技術革新で消費者の行動様式は常に変化しており、しかも変化のスピードは加速しています。生き残るためには、消費市場の変化を絶えずチェックして迅速に対応する必要があり、各大型商業施設が自らの特長を伸ばしつつ、いかにリピーターを確保できるかがポイントとなるでしょう(図表2)。
今後、大型商業施設では従来以上に地域社会への貢献が求められます。
(1)地元の祭りやイベント共催、周辺施設と連携した観光回遊ルート開発など「賑わい創出や交流を促進するサポーターとしての役割」
(2)コンパクトシティ推進や大規模災害時の避難拠点など「まちづくりへの参加者としての役割」
などの面で、立地自治体や地域住民も、大型商業施設を、地域貢献を担う地元資源と捉えて積極的に連携し、その集客力や影響力を地域全体の活性化や魅力向上に繋げていくことが期待されます。



TOPへ