会員サービス

マネジメントスクエア

2018年 10月号 リード

まちづくり発達史

“柏セントラル”、20年後の将来像
「KASHIWA CENTRAL GRAND DESIGN〜柏駅周辺基本構想〜」

今年7月に「KASHI WA CENTRAL GRAND DESIGN〜柏駅周辺基本構想〜」が発表された。当誌は2015(平成27)年8月号で柏市の新旧エリア(柏の葉キャンパス駅周辺、柏駅周辺)におけるまちづくりの現況を紹介したが、今、柏駅周辺にはどのような課題があるのか、グランドデザインは将来像をどう描いているのか。柏駅周辺エリアの形成と発展の推移を見ながら、紹介してみたい。

Watching 柏駅周辺

企業最前線

職人の技術と地元で育った木材の使用にこだわる。
地域密着の新築・リフォーム事業で成長
グランディアホーム株式会社

事業エリアを佐倉市周辺に特化して住宅建築やリフォーム事業を営むグランディアホーム(株)。高いスキルを持った職人たち技術力には定評があり、定期的なメンテナンスはもちろん、「何かあったら、すぐに駆けつける」をモットーとしたサポート力が支持され、リフォームの施工実績は地域トップ。木材の地産地消にも取り組み、湿気やシロアリ被害に強い千葉産の天然乾燥材を積極的に住宅建築に用いている。

コワーキングスペースの運営を通じ地域の「架け橋」を目指す
株式会社Ponnuf(コワーキングコミュニティ「まるも」「voido」)

Webサイト関連事業を展開する(株)Ponnuf(ポンヌフ)は、2015年から富津市金谷でコワーキングコミュニティ「まるも」を運営している。まるもは、単に仕事の場所を提供するだけでなく、移住者と地域をつなぐコミュニティスペースとしての役割も担う。そこで活躍するのは、都会から金谷に移住してフリーランスとして仕事をする若い人たちが中心だ。独自のビジネスモデルを通じて若者を呼び込むことで、地域に新しい活気が生まれている。

会社を強くする! 実践経営塾

インスタグラムを有効活用

SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の中でも、写真をアップして手軽にコミュニケーションが取れるインスタグラムが、若い女性を中心に人気を集めている。「インスタ映え」が流行語になり、アプリをダウンロードして手続きをすれば誰でも始められる。企業の情報発信にも便利だが、ビジュアル要素が中心となる特性を活かす一方、炎上などのリスクにも配慮しなければならない。2社の事例を通して、インスタグラムをビジネスに有効活用するにはどうすればよいかを探った。
・小泉成器株式会社
・有限会社丸井伊藤商店

2020カウントダウン

世界女子ソフトボール選手権大会が千葉県で開催
決勝トーナメント会場―千葉市の取り組み

第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(主催・世界野球ソフトボール連盟)の試合が8月2日から12日にかけて、県内4カ所のスタジアムで行われた。2年に1度開かれる国・地域の世界一を決める大会で、日本での開催は20年ぶりとなる。決勝トーナメントの会場となった千葉市はさまざまな形でその運営を支援。幕張メッセで東京2020大会の7競技が開催される千葉市にとって、貴重な経験を積むことができたという。

パラリンピックでメダルを量産する競技用車いすのトップメーカー
株式会社オーエックスエンジニアリング

千葉市若葉区にある(株)オーエックスエンジニアリングは、国内外の選手向けに競技用車いすを製造している。初めてパラリンピック出場選手に車いすを提供した1996年アトランタ大会以来、累計122個のメダルを選手たちにもたらしてきた。その実績とノウハウは、一般向けの車いすにも活かされ、車いすユーザーの日常生活の質の向上につながっている。

チャレンジャー

若者の人生が大きく変わる。そのお手伝いをできるのが醍醐味です。
松田貴盛[「進学塾リオン」塾長]
  • 衝突ばかりのアメリカ時代。多様な考え方に触れることで、自分を変えることができた。
  • たまたま始めた英語教師の仕事を通じて、教えることの素晴らしさを知る。
  • 好きなことを仕事にするのではなく、今やっている仕事に全力で向き合う。すると今やっている仕事が好きになってくる。

TOPへ