わたしの意見 ― 水野 創

わたしの意見 ― 水野 創

2014年経済の夢

(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」12月26日号に掲載)

水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]

 あと数日で2014年を迎えます。
 本年のわたしの意見は今回で最後の予定です。この一年の皆様のご支援に改めてお礼申し上げます。

 今年の最後は、2014年経済の夢です。出来るだけ明るく考えてみました。たくさん実現するよう願っています。

(海外経済)
・米国経済が順調に回復し、世界経済の好循環につながる(米国金融政策変更の影響は最小限にとどまる)。 
・日米、東南アジア諸国の連携が強まり、中国発の攪乱が抑制される。

(国内経済)
・円安、株高が継続する。消費者物価は前年比プラスが定着し、国民の行動様式が前向きに変化する。景気回復から賃金上昇も無理なく実現する。
・「6重苦」の解消が進み、元気になった企業家から世界に貢献する画期的な商品、サービスが次々生み出される。 
・消費税率引き上げの影響が想定内にとどまる(必要な場合、直ちに金融緩和が強化される)。
・財政による追加的な経済対策が回避され、財政の将来展望が開けてくる。

(千葉県)
・人口が前年比プラスに転じ、一段と増勢を強める。
・アクアライン800円継続実現、LCC増便、オリンピック関連需要の増加などからブランド力を高め、各地の賑わいが増す。
・高齢化・人口減少社会を展望した新しい街づくりが各地で始まる。




●当ウェブサイトに記載されているあらゆる内容の著作権は、株式会社ちばぎん総合研究所及び情報提供者に帰属し、いかなる目的であれ無断での複製、転載、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁じます。

TOPへ