わたしの意見 ― 水野 創

わたしの意見 ― 水野 創

いよいよ梅雨明け―景気もたつき回復の条件

(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年7月30日号に掲載)

水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]

 

 いよいよ梅雨明けだ(表1)。

 



 ゴールデンウィーク後もたついた感じの景気(注)も、夏本番と共に力強さを取り戻すことが期待される。

  (注)景気ウォッチャー調査・景気の現状判断DI、4月:53.6,5月:53.3,6月:51.0
    ESPフォーキャスト調査4〜6月実質GDP増加率予測、6月:+1.7%、7月:+0.7%

 ここではそうした期待を込め、景気ウォッチャー調査で低下した家計部門を中心に、「やや悪い」、「悪い」とした業種を地域別に整理した(表2)。




@ 値上げの影響を指摘する地域・業種が引き続き多い(6地域、小売り、輸送業、食料品製造業など)。
A 梅雨が平年より長かった九州、四国、近畿などで小売り、輸送業が天候要因を指摘している。

 こうした背景を考えると、もたつきから脱却するためには、値上げに耐えられる家計の所得増加、所得増加までの間を支える資産効果、インバウンド需要の好調持続のほか、やはり「夏らしい天候による後押し」が重要になる。

 この間、市況は引き続き不安定な動きを続けているが(表3)、資産効果への影響が続くことを願いたい。




●当ウェブサイトに記載されているあらゆる内容の著作権は、株式会社ちばぎん総合研究所及び情報提供者に帰属し、いかなる目的であれ無断での複製、転載、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁じます。

TOPへ