わたしの意見 ― 水野 創

わたしの意見 ― 水野 創

今年は違う 市場は政策、政治イベントで大荒れせず
 

(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2017年3月17日号に掲載)

水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]

  

 今週は、米国の利上げ決定、オランダ総選挙など多くの政策、政治イベントがあった。

 各イベントの結果が想定の範囲内であったこともあり、市場は大荒れすることなく、今のところ冷静に対応している。

 昨年とは大違いだ。

 すなわち、昨年は15年末の米国利上げをきっかけに、先進国の政治的混乱も重なって市場は大荒れになり、企業マインドの悪化、企業活動の慎重化をもたらした。今年の春闘が前年に比べ低調な一因にもなっている。

 これに対し、今年は、16年末の米国の2度目の利上げ後も市場に波乱はない。16年末に続く昨日の3度目の米国利上げ後も市場は達観して横ばい圏内の動きだ。

 こうした市場の変化は、世界経済の回復が進み、脆弱さに対する懸念が薄らいでいることが背景の一つだと思う。こうした状況が続けば、昨年末以降の企業マインドの改善が一段と進み、企業活動の活発化、家計の所得増加につながっていくと思う。

 年明け後、物価は上昇に転じており、その消費への影響を防ぐためにも、ぜひ、こうしたシナリオが実現してほしいと願っている。






●当ウェブサイトに記載されているあらゆる内容の著作権は、株式会社ちばぎん総合研究所及び情報提供者に帰属し、いかなる目的であれ無断での複製、転載、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁じます。

TOPへ