わたしの意見 ― 水野 創

  • top
  • わたしの意見
  • 2017年経済の特徴を良くも悪くも反映。一段と改善した12月短観

わたしの意見 ― 水野 創

2017年経済の特徴を良くも悪くも反映。一段と改善した12月短観
 

(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2017年12月21日号に掲載)

水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]

 

 12月日銀短観が発表された(15日)。

@業況判断DIは「10年ぶりの高水準」と評価された前回から、企業規模、製造業・非製造業の別を問わず一段と改善している。

A国内景気回復の起点となっている大企業・製造業の2017年度事業計画は年初(3月調査)に比べ各項目とも大幅に改善している。

Bこうした中で、中小企業・非製造業の業況判断DIの内訳を業種別に見ると、好調な建設に対し、個人消費関連の小売等は引き続きマイナス、マイナス幅は前回に比べても悪化している。

 2017年経済は、世界経済の回復と為替の安定、トランプ効果継続による米国発株高、そして国内では企業業績の顕著な回復の一方、個人消費の回復の遅れなどにより特徴付けられるが、今回の結果はこうした特徴を素直に反映している。

 このうち、中小企業・小売の業況判断の悪さの原因として、特に、@仕入価格の上昇とA減益(売上高経常利益率の悪化)が指摘できる。

 その解消には値上げの浸透が不可欠だが、このところの寒気到来による季節商品の持ち直し、今冬賞与の増加といった環境改善のほか、値下げ競争の止まない日用・汎用品以外の品揃えの充実、インバウンド・資産効果の取り込み等への取り組みが期待される。









●当ウェブサイトに記載されているあらゆる内容の著作権は、株式会社ちばぎん総合研究所及び情報提供者に帰属し、いかなる目的であれ無断での複製、転載、転送、改編、修正、追加など一切の行為を禁じます。

TOPへ